オフィスへの引越しの見積もり


引越しと聞くと多くの方は「アパート」⇒「マンション」のように、個人単位での移動をイメージするかもしれません。

しかし、企業が「オフィス」⇒「オフィス」と引越しを行うケースもあり、机やパソコンなど荷物が多くなって費用が高くなる可能性が高いので事前の見積もりは大事です。

オフィス移転の引越しも個人と同じようにコストとクオリティが重要な要素となり、一括見積もりサイトを利用すれば安く済ませられます。

レイアウトや事務機器の配線など一般家庭の引越しよりも専門的な作業が必要となるため、一括見積もりサイトで料金で比較したりサービスで選んだりという方法が最適です。

当サイトでご紹介している引越し侍では、企業のオフィス移転に適した業者と幾つも提携しております。

アリさんマークの引越社やサカイ引越センターなど大手の業者だけではなく、福山通運東京引越センターやメリー引越サービス、マイスター引越センターなどの地域密着型の業者も多いのが特徴なのではないでしょうか。

提携している業者は233社と非常に多く、口コミの件数も14,000件を超えているので個人や企業に合った業者を見つけられるはずです。

最大で10社まで一括見積もりができるサイトなので、引越し侍の公式ホームページを一度ご覧になってみてください。

さて、基本的にオフィスの移転の際には電話での見積もりではなく訪問での見積もりの方が適しております。

一括見積もりサイトの利用で大まかな相場が確認できるのは間違いないものの、正確な費用を知りたいのならば専門のアドバイザーに訪問してもらうのがベストかもしれません。

そこで、引越し業者によって違いが生じているものの、どのような流れでオフィスの引越しが行われるのか見ていきましょう。

①オフィス移転のプランニングをするに当たって什器設備や不用品などの現状調査を行う
②担当者とのミーティングで内装工事やLAN配線などのプランやスケジュールを練る
③これらの内容を把握した上で引越し料金の見積もりが行われる
④契約に至ったら引越しの当日にオフィスへの移転の準備が行われる
⑤安全かつスムーズに移転できるように交通誘導員の配置の手配が行われる
⑥レイアウトの変更や退去後のオフィスクリーニングなどアフターメンテナンスが実施される

より良いオフィス環境を実現するためにも、引越し業者の選定は大事な要素の一つとなっております。

引越し業者によってはサポートやアフターサービスが悪いところがありますし、複数の業者を比較した方が良いのです。

そのサポートをしてくれるのが一括見積もりサイトなので、オフィスの移転を考えている企業の担当者様も引越し侍を上手く活用してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする