引越しの見積もりの交渉


正確な引越し料金の見積もりを行ってもらうには電話で詳細を伝えたり、実際に自宅へと訪問してもらわなければなりません。

そして、少しでも格安の価格で引越しを済ませたいのならば値引き交渉が必要で、明確な定価が決められているわけではないのです。

「値引き交渉をしない引越し料金などない」という意見も出ており、業者によって掲示価格が異なるので重要な要素の一つだと言えます。

「面倒だから業者に任せればいいや」と言い値で妥協する方は多いものの、交渉によって数万円程度違いが出るケースも多いと知れば頑張ってみようと考えるはずです。

しかし、値引き交渉で料金が安くなったとしても、掲示された見積もりの元々の価格が高ければ意味がありません。

値引率が異なるように見積もりの掲示額にも業者によって差が生じており、複数の業者を比較検討するのが大事です。

誰もが一度は名前を聞いたことのある大手はもちろんのこと、中小規模の引越し業者でも良いところはたくさんありますし、あなたの希望するサービスを実施してくれる業者をリストアップする必要があります。

その比較を行う際に便利なのが見積もりサイトで、複数の業者に焦点を当てて無料で一括で見積もりを行ってくれるのです。

値引き交渉を行う前に少しでも安くて良質なサービスを実施している引越し業者を探す必要があり、見積もりサイトがそのサポートをしてくれるのは間違いないでしょう。

当サイトでは見積もり依頼と同時に料金の相場もチェックできる引越し価格ガイドをご紹介しているので、公式HPで詳細を確かめてみてください。

さて、即決しても良いと考えている引越し業者の場合、「○○○○円ならば即決しても構わない」と担当者に伝えれば話はスムーズに進みます。

交渉して必ずしも自分の要求を呑んでくれるわけではありませんが、条件が呑めなくてもお互いが納得できる形に調整してくれるところはあるはずです。

しかし、A社に絞って値引き交渉を行っていると、「このお客さんはウチで決めているから値引きしなくても折れるだろう」と考えるかもしれません。

一方で、A社やB社、C社など複数の引越し業者に見積もりを出してもらっていると、「B社では御社よりも安い○○○○円と見積もりしてもらったのですが」とA社やC社に交渉できます。

つまり、どこも契約を取りたいという気持ちが絶対にあるはずですし、巧みな話術を持っていない人でも見積もりサイトを利用して複数の業者を比較するだけで勝手に業者同士で値引き合戦が始まるのです。

「早めに予約して割引に応じやすい日時を指定してもらう」「土日ではなく平日に引越しを行う」「午前中ではなく午後に引越しを行う」という点も心掛けていれば、業者はもっと料金を安くしてくれるかもしれません。

もちろん、引越し業者の価値は料金だけで決まるわけではありませんし、サービスや提案内容など総合的に判断してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする