引越しの見積もりの準備


引越しの見積もりを業者にしてもらうに当たり、どのような準備をしなければならないのか悩んでいる方は多いかもしれません。

人生において引越しの機会はそこまで多くありませんし、学生さんならば初めての引越しで色々と戸惑うこともあるはずです。

そこで、以下では引越しの訪問見積もりを業者に行ってもらうに当たり、どのような準備をしなければならないのか箇条書きでまとめてみました。

・引越し日時をはっきりと決めておく
・引越し先の住所や状況を確認しておく
・業者の営業マンが自宅へと来る前にある程度は掃除しておく
・新しい住所先に持っていくものを決めておく
・処分して持っていかないものを確定させる
・下着や通帳など見られたくないものは片付けておく
・食べ残しやペットの汚物など人として最低限の気遣いをする
・営業マンが書き物をする場所を確保しておく

上記のような準備をしていれば特に問題はなく、「作業内容」「引越し日の打ち合わせ」「トータルの費用」といった点について説明してくれます。

特に、持っていくものや捨てるものが明確に決まっておらず、優柔不断な状態だと引越し業者にとっては迷惑で、見積もりが高くなるかもしれません。

見積もりが終わっているのにも関わらず、ダンボールに入りきらないような大きな荷物を追加したいという場合は別途で料金が発生する可能性が高いので注意しましょう。

引越し業者の比較に関しては、当サイトでご紹介している見積もりサイトの引越し価格ガイドをおすすめします。

見積もりを取って業者を決めなければ引越しの準備は進まないので、引越し価格ガイドで複数の業者の中から自分に合ったところを探してみてください。

さて、見積もりの一括サイトへと申し込み、訪問見積もりや電話対応を可能にしておくと早い時で10分ほどで話が進みます。

中には、「引越しの準備が大変だから複数の業者さんをまとめて自宅へと呼ぼう」と考えている人がいらっしゃるかもしれません。

しかし、複数の業者を同時に呼ぶのはマナー違反で、1社1社個別に見積もりを行うのが基本です。

A社とB社の引越し業者の予約を同じ時間帯に行い、最初にA社の営業マンが来たとすると、B社の営業マンはA社の見積もりが終わるのを外で待っているか日時を延期する形となります。

これは先に見積もりに入っているA社に対して配慮しているからで、ユーザーに対しての印象は悪くなるのではないでしょうか。

「この人は常識がなさそう」「どんなクレームをつけられるか分からない」と判断されれば、相手から断られることを目的にしてバカ高い料金を掲示する「お断り見積もり」をされる可能性もあります。

そのため、上記でご紹介した引越し価格ガイドを利用して複数の業者の訪問見積もりを考えているのならば、バッティングを避けるために2時間程度は間隔を空けておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする