引越しの見積もりはいつまで?


引越しの見積もりをいつまでに出してもらえば良いのか、初めて引越しを行う方は迷ってしまうかもしれません。

業者によっては2日前でも前日でも見積もりの依頼はできるのでいつまでと決まっているわけではないものの、スケジュールが埋まっていて断られるケースはあります。

一括見積もりサイトを利用してもスケジュールの都合が付く業者にしか当然のように依頼してくれないので、スムーズに引越しを進めたいのならば引越し日から逆算して2週間前から1ヶ月前がベストです。

引越し日が決まっていない2ヶ月前に見積もりの依頼を出しても、「まだ日にちが決まっていない」「来月の中旬から下旬にかけてだと思う」と曖昧では業者は困ってしまいます。

実際に、「人事異動で急に引っ越すことになった」「特別な事情で3日後に引っ越さなければならない」という人を除いて、2週間前から1ヶ月前に見積もりを依頼することが多いようです。

閑散期ならば2週間前でも十分に間に合いますが、「希望日の予約が取れない」「安い料金の業者がない」とドタバタするのが嫌ならば念のために1ヶ月前くらいから準備を始めた方が良いでしょう。

当サイトでご紹介している一括見積もりサイトの引越し価格ガイドを利用すれば、自分の引越しの希望日に合わせて複数の業者にまとめて依頼してくれます。

見積もり金額の最高額と最低額の差が50%になるケースもあるため、無駄な費用を支払わないためにも引越し価格ガイドを上手く活用してみてください。

さて、学生さんや会社員の人事異動の関係で、新生活を送る前の3月から4月は引越し業者が最も忙しくなる期間です。

「繁忙期の引越しの見積もりはいつまでに行えば良いのだろうか?」と悩んでいる方は多いかもしれません。

閑散期でも繁忙期でも明確に定められているわけではありませんが、忙しい時期に引っ越すのならば早めに見積もりを出してもらった方が良いです。

最低でも1ヶ月前、余裕を持つならば1ヵ月半前に行動を始めるのが無難で、人気の引越し業者に依頼するためにも早めに一括見積もりサイトを利用した方が良いでしょう。

しかし、繁忙期は引越しの利用者が多いので当然のように料金が高く、閑散期の2倍から3倍まで跳ね上がるケースもあります。

そこで、少しでも安い価格で済ませるために以下のような点を心掛けてみてください。

・午前便よりも午後便の方が料金が安いので午後の引越しを選択する
・転勤や入学で引越しが決まっているのならば早めに予約を入れる
・3月から4月が忙しいとは言っても全てが繁忙期ではなく春休み周辺が高いので、1週間単位で引越しの日程をずらす

日程や時間帯を考慮し、更に早めに引越し価格ガイドを利用して見積もりをしてもらえば想像以上に安い料金で引越しができるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする