一人暮らしの引越しの見積もり


一人暮らしの引越しの見積もり料金の相場は、大よそ3万円~6万円程度となっております。

引越しの時期や移動距離、運ぶ荷物の量によって異なるので一概には説明できません。

引越しの時期⇒オフシーズンよりも3月から4月にかけての繁忙期は高い
移動距離⇒同一市内への移動と比べて県外で遠くなればなるほど高くなる
運ぶ荷物の量⇒一人暮らしでも荷物の量が多ければ多いほど高くなる

上記のように違いが生じているものの、ファミリーでの引越しと比べれば一人暮らしの引越しの方が費用は圧倒的に安くなります。

しかし、引越し業者の価格は一般人には予想が付かず、業者選びを間違えたことで3倍も料金に違いが生じていたという話がありました。

北海道の札幌市から東京都の江戸川区への引越し⇒繁忙期の3月で費用は24万円
東京都の江戸川区から北海道の札幌市への引越し⇒オフシーズンの8月で費用は8万円

上記のケースは繁忙期とオフシーズンなので比較するには条件が合っていないものの、業者によって価格が大きく異なる点では一緒です。

一人暮らしの引越しでもこれだけの差が出るので、損をしないためにも慎重に引越し業者は選ばなければなりません。

そこで適しているのが一括見積もりサイトの引越し価格ガイドの利用で、複数の引越し業者に対してまとめて見積もりの依頼をしてくれます。

最大で10社まで無料一括見積もりが可能で、他のサービスと比べて大手から地域密着型の業者まで幅広く提携しているのが魅力です。

サービス利用者の95.2%がまた利用したいと回答していたので、引越しの際は引越し価格ガイドを活用してみてください。

さて、単身の引越しの見積もりというページでもご説明致しましたが、一人暮らしの引越しには単身パックの利用が適しております。

サカイ引越センターやアート引越しセンターなど、大手の引越し業者ならばどこでも単身パックを取り入れているはずです。

輸送量に合わせてピッタリ合わせて荷物を運んでくれるのが単身パックの特徴で、以下のような人に適しております。

・一時的な単身赴任なので運ぶ荷物の量が少ない
・一人暮らしの引越しなので大きなトラックで運ぶ必要がない
・引越し先で家具を購入する予定なので大きな荷物がない

通常の方法で引越しの見積もりをしてもらうよりも、上記のような人は単身パックを活用した方が安く済ませられるはずです。

単身パックと一口に言っても、アリさんマークはダンボール20個まで、クロネコヤマトはダンボール15箱までと業者によって違いが生じております。

「単身パックS」「単身パックL」と複数のサイズを用意している業者もあるので、引越し価格ガイドを利用して比較してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする