引越しの見積もりの方法・やり方


引越しの見積もりの方法ややり方が分からないという人には、見積もりサイトの利用が適しております。

見積もりサイトの利用により、複数の業者に対してインターネットから一括して請求できますし、比較検討しやすいのが大きなメリットです。

その大まかな方法はサービスによって多少は異なるものの、「見積もりサイトのホームページにアクセスする」⇒「複数の業者から電話やメールで見積もりを貰う」⇒「概算見積もりで比較できる」⇒「1社を選んで訪問してもらう」という形になります。

当サイトでは見積もりサイトの引越し価格ガイドをご紹介しており、大手から中小規模の業者まで多数登録されているのが魅力です。

実際にどのようなやり方で引越し価格ガイドを利用して引越しの見積もりを行うのか見ていきましょう。

①現住所や引越し先の住所を入力する
②引越し希望日を入力する
③お荷物情報を入力する
④相場をチェックして2日以内に複数の業者から連絡が入る
⑤料金やサービスで比較して自分の条件に合った業者をチョイスする
⑥希望の引越し業者に依頼して本格的に見積もりをしてもらう

上記のように、想像以上に簡単な方法で利用できますし、複数社に見積もりを取ってもらうのは手間と時間がかかるのです。

その点、引越し価格ガイドならば全てを一括で行ってくれますし、引越し前の忙しい時期に別のことに時間を割けるので是非一度利用してみてください。

さて、上記でご説明した流れで利用する引越し業者を決めたら、今度は本格的に見積もりを行ってもらう形となります。

最も簡単方法は訪問見積もりで、業者の人が来るからといって部屋の中を片付ける必要はなく、業者に名前や電話番号、現在の住所を伝えて訪問を依頼するだけです。

実際に、営業スタッフが目で確認して持っていく荷物のリストや処分するもののリストを作成するため、後々に追加料金が発生するというトラブルが引き起こされにくいのがメリットかもしれません。

また、引越し業者へと電話して荷物の量や日程を伝え、見積もりしてもらうという方法もあります。

いつでもどこでも見積もりを取れるのがメリットですが、事前に業者へと伝えなければならない情報が多いので以下の内容を整理しておきましょう。

・氏名
・電話番号
・現住所と引越し先の住所
・現在の住まいに面する道路の情報
・希望する引越しの時間
・持っていく荷物のリスト
・持っていく家具の大よその寸法
・詰める予定のダンボールの数

実際にスタッフに訪問してもらうのか、電話で大まかな情報を伝えるのか2通りの方法がメインなので、どちらで引越しの見積もりをしてもらうのが良いのか考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする