引越しの見積もりとダンボール


引越しに欠かせないアイテムがダンボールで、自分の荷物を詰める際に必要です。

通常の長方形のダンボールではなく、現在ではクローゼットに収納されている衣服をそのままハンガーごとかけて荷造りできるハンガーボックスもあるので以前と比べて引越しの準備は楽になりました。

引越しの見積もりを業者に依頼する場合、そのダンボールを家の中に置いていくというイレギュラーなケースはあります。

「ダンボール50箱まで無料サービス」を実施している引越し業者は多く、基本的には契約した段階で得られる権利なので見積もりの段階では貰えないはずです。

それでも、ダンボールを置いておく業者はあり、他の引越し業者に対して既に見積もりが終わったことを間接的に伝えたいからかもしれません。

その真相は分からないものの、「業者が見積もりの際に置いていったダンボールは使えるのか?」という疑問を抱く方はいらっしゃいます。

契約したのならば問題なく使えますが、別の業者に引越しの依頼をしたのならば勝手に使ってはならず、きちんと返しましょう。

見積もりにきた担当者のミスという可能性も高く、自分が店舗に持っていく必要はありませんし、電話やメールで連絡すれば回収に来てくれるはずです。

勝手にダンボールを使ったことで後々に費用負担が発生する可能性があるので注意しなければなりません。

当サイトでご紹介している一括見積もりサイトの引越し価格ガイドのホームページでも、この点について記載されておりました。

複数の業者を比較するに当たって非常に便利なので、引越しの際は引越し価格ガイドを活用してみてください。

さて、引越しの際にどの程度のダンボールが必要となるのか気になる方は多いはずです。

個人の生活スタイルによって異なるので一概には説明できませんが、その目安を以下では記載しました。

単身の引越し:ダンボール10枚~15枚程度
2人の引越し:ダンボール20枚~30枚程度
4人の引越し:ダンボール50枚~80枚程度

これはある程度の目安ですし正確には分からないので、引越し業者に訪問見積もりをしてもらった際に尋ねてみるのがベストかもしれません。

冷蔵庫や洗濯機といった大きな電化製品だけではなく、ダンボールの数がどの程度の量になるのか計算してトータルで価格コストを掲示してくれるはずです。

このダンボールの数に合わせてトラックの大きさを決めているので、見積もりが終わって契約した後に勝手に荷物を増やすような真似はできる限り避けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする