電話による引越しの見積もり


■電話による引越しの見積もりの時間について

引越しの見積もりを業者にしてもらうに当たり、電話という方法を取る方がいらっしゃいます。

引越し業者に電話をかけ、「名前」「住所」「運ぶ荷物」「運ぶ家具」「建物の状況」といった内容を口頭で伝え、どのくらいの費用がかかるのか見積もりをしてもらうのです。

ただし、何も分かっていない状態で電話をかけると業者の人の質問に対して戸惑い、長い時間がかかるかもしれないので以下のメモをノートなどに記載してから見積もりをしてもらいましょう。

・氏名(特にメモをしておく必要はない)
・いつでも連絡が付く電話番号
・現在の住所(建物名と部屋番号も忘れずに)
・現在の住所の間取り
・現在の住まいの建物に面している道路の状況(トラックが入れるかどうか)
・引越し先の住所
・引越しの希望日
・新居に持っていく家電や家具の種類
・家電や家具の大よその寸法
・詰める予定のダンボールの数

上記の内容をきちんと把握してから電話をかけて見積もりを行えば、長い時間が取られる心配はないはずです。

訪問見積もりにしても電話見積もりにしても、複数の引越し業者に依頼して比較するのがベストなので当サイトでご紹介している引越し価格ガイドをおすすめします。

一括で見積もりを依頼してくれる便利なサービスなので、引越しをお考えの方は引越し価格ガイドを利用してみてください。

■引越しの見積もりを電話で行うメリットについて

基本的に多くの方は業者の人間を自宅へと招く訪問見積もりで料金を査定してもらっているかもしれません。

しかし、電話で行うメリットも少なからずあるので以下を確認しておきましょう。

・自宅へと招き入れるわけではないので予定を立てる必要性がない
・部屋に誰かが来るのに抵抗を持っている一人暮らしの女性におすすめ
・引越しで持っていく荷物や住所が分かれば部屋にいなくても見積もりしてもらえる

上記のようなメリットがあるため、お仕事で忙しくて訪問見積もりの時間を割けないビジネスマンにも適しております。

ただし、どの業者もユーザーへと電話して家具や家電の大きさや点数を把握し、ダンボールの数などを総合的に判断してトラックの大きさを割り出して費用を算出しているのです。

つまり、申告漏れがあれば当日に運べない可能性があり、荷物を追加する際に一定の料金がかかるケースもあります。

他にも、引越し業者は引越しの当日に自宅へと来る形となるので、ダンボールやガムテープといった荷造りに必要なグッズは自分で用意しなければなりません。

そのため、「荷物の申告漏れを防ぎたい」「自分でダンボールを用意するのは面倒」という方は電話見積もりではなく訪問見積もりを選択してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする